社員メッセージ

後藤 拓

TAKU GOTO
  • 2015年入社
  • 営業管理本部 設計積算課 設計係
  • 関東学院大学 工学部 建築学科 卒

施工管理で大切なのは、
知識よりも人との関わり

私は東京都内でインテリア製品の販売をしており、転職して弘栄設備工業に入社しました。
出身は山形ですので、出戻りという形になります。

転職をするにあたっての不安は特に感じませんでした。
入社前に社内の雰囲気を聞いていましたし、協力会社さんを招いて感謝を伝えるイベントで芋煮会があったのですが、入社前にも関わらず参加させてもらい、社員のみんなの温かさを感じることができました。
前の職場ではこうしたイベントは無かったので、みんなで一緒に一つのことに取り組むのは良いなぁって。
ですから、前職と全く畑違いの仕事ではありましたが会社への不安は無かったですね。

弘栄設備工業は入社後のフォローもしっかりしていると思います。
先輩が丁寧に教えてくれるので、安心して仕事ができています。
実は、大学時代は建築を専攻していて、専門知識も頭の中に入っていたはずですが、実際に現場で仕事をしていると、まだまだ覚えなければならない事がたくさんあると痛感します。
施工管理職というと専門的なイメージがあるかもしれませんが、大学で建築や土木を学んでいない人でも、会社に入ってから勉強していけば間違いなく一人前の施工管理として活躍することができるようになると思います。

今は現場のことを覚えるのに精一杯ですが、施工管理は、特にコミュニケーションが重要な仕事だと実感しています。
建設現場では、いろいろな業者さんや建築側とのやり取りなど、人が関わる部分が多いため、コミュニケーションが上手く取れると仕事がスムーズに進みます。

施工管理は知識や技術ももちろんそうですが、人との関わりも大切な仕事です。
社長もそういう面を大切にされていて、僕ら社員にも気軽に声をかけてくれますし、距離感無く接してもらえるのでこちらも話しやすいですね。
社内名物の、「社長とおいしいものを食べる会」は社長や社員との親睦を深めるイベントですが、その時ご馳走になったフランス料理の味は今でも忘れられません(笑)。